「Ground-Allsが考えるヴィンテージスウェットシャツとは。」 
 
1990年のブランドスタートから、SEAMLESS(丸胴) 旧丸編み機を手がけ改良を重ねてきた。
縦方向のテンションと横方向のテンションの大小の違いが生地の雰囲気を作り上げる。
いわゆる顔の良さに拘り続けた。


ヴィンテージのスウェットシャツには、デニム同様一見回避されがちな
「ネップや生地の歪み、ガサ感、度詰め具合」など、均一に整った美しさとは相反する要素がある。
これらは経年変化により発生し、さらに「良い味」となり愛着にもつながっている。


経年変化こそが、ヴィンテージの醍醐味であると考えるGround-Allsは、
リアルヴィンテージを再現させるにあたりこのバランスを追求。


旧丸編み機を改造し何度も試作を重ね、縦と横のテンションのかけ方など、
完全オリジナル丸胴、唯一無二の生地を創り上げた。


生地表面の天竺にはしっかりと畝が見られ、個性的な独特の表情を醸し出している。
裏起毛は保温力と心地良さを追求する為、ブラッシングの程度を試行錯誤し、
リアルヴィンテージに近い状態にも拘った。


Ground-Alls拘りの柔らかすぎず硬すぎない、着込むほどに風合いが楽しめる
Seamless(丸胴)cotton100%ヘビーウェイトのスウェットシャツを完成させた。